よちよち投資ブログ

相場から退場しない投資を目指す

桃鉄 株式投資
楽天ポイント投資信託
初心者の株式投資
米国ETF

楽天ポイント貯めたいけど楽天市場って高いよね?高い理由と対策を考える

楽天ポイントを稼いだり貯めたりするには色んな方法があります。中でも楽天スーパーセールや楽天お買い物マラソンを利用してポイント倍率を高めた状態で商品を購入することで楽天ポイントをたくさん稼ぐことができます。

ただ、注意して買い物をしないと楽天ポイントを貯めたいがあまり、結果的に損をしてしまう可能性があります。

楽天ポイント

楽天市場が高すぎて、ポイントが稼げない

私は楽天ポイントで投資信託を購入するため、楽天カードを作り、楽天モバイルを契約し、楽天銀行を使い、各種引落しも楽天カードからの引落しに変更し、毎月楽天ポイントがある程度貯めるように仕組みを作りました。

楽天市場で買い物をしなくても上記の支払い等でそれなりに楽天ポイントを稼ぐことができます。あわせて楽天カードや楽天モバイルなどのサービスを使用することによって、楽天市場での買い物に対して付与されるポイント倍率が大幅にアップするスーパーポイントアッププログラムがあります。

event.rakuten.co.jp

楽天ポイント生活を始めるにあたって、このスーパーポイントアッププログラムを使いつくせば、毎月かなり楽天ポイントを貯めれると思っていたのですが実際の所ほとんど楽天市場を使っていません。

このポイントシステムの仕組み自体は好きなんですけどね。複雑なシステムなのでキチンと頭を使って考えた人だけが多くのポイントを獲得できるようになっているので考え甲斐があります。

何も考えずポイントを貯めようとしても貯まりませんからね。それなりに仕組みに対する理解が必要です。

フツーに高い

私は楽天の各種サービスを使っていることによって、常時7倍程度のポイントアップの状態になっています。通常の買い物で得られる楽天ポイントは1%ですので7倍ということは7%ということです。

購入額の7%ものポイントを得られるので、欲しいものがある時は楽天市場で最初に価格を確認するのですが、ほぼ楽天市場で買うことはありません。フツーに高いです、7%のポイント込みで考えても。

子供のおもちゃにしても、電化製品にしても楽天市場で価格を確認してからアマゾンなんかで見ると、確実にそっちの方が安いです。たまたま私が購入しようとしていたものが楽天市場の方が高かったのかもしれませんが、確認するのも面倒くさくなるくらい高いことが多くて楽天市場で買えないです。

これはアレですか?楽天ポイントをエサにして高い買い物をさせるとかっていうヤツなんですかね。たまに引くくらい価格差がある商品もありますし・・・。

楽天ポイントは欲しいけど高い商品は欲しくない…

楽天市場は、あまり使いませんが楽天モバイルや楽天証券でのポイント投資など、それぞれのサービスはとても優れていると思うので、オトクなサービスだけ使うようにしたいですね。

私の場合は、ポイントで投資信託が買えるという所にとても魅力を感じており、それができるのは今のところ楽天ポイントだけです。このメリットがある間は、使い続けようと思っています。※SBI証券などでもポイントで買えるようになりました。

楽天市場が高い理由は「出店形式」のため

アマゾンの販売したい商品を出す「出品形式」に対して、楽天市場はネット上に店舗を展開する「出店形式」となっています。販売形態が違うため、商品販売にかかわる手数料が違ってきます。

アマゾンの手数料の仕組み

アマゾンは商品を出すだけですので、基本的にはシンプルな手数料プランです。
基本料+販売手数料が発生し、アマゾンの倉庫を使用して販売する場合は在庫管理料・配送料がプラスされます。

基本料は大口プランが4,900/月、販売手数料は商品によって商品代金の8%~15%となっています。小口プランは基本月額料金がなく販売手数料しかかかりません。詳しくはアマゾンのサイトに掲載されています。
Amazon出品(出店)サービス - 料金プラン - Amazon.co.jp

楽天市場の手数料の仕組み

アマゾンに対して楽天市場の「出店形式」では、このような仕組みになっています。

楽天市場の出店費用一覧
出店プランと費用|楽天市場

プランによって月額出店料も変わりますし、システムの利用料等も発生するため商品によっては売上高等の20%以上もの利用料が発生するような仕組みになっています。

私たちは商品を買うだけなので分かりませんが、店舗側ではこのような手数料が発生しています。

当然、店舗運営に手数料が多くかかれば販売する商品の価格に反映されてしまいます。経費が多いのに安売りすると出店した店舗の利益がなくなってしまいますからね。

これが楽天市場が高いと思ってしまう理由です。もちろん中には他のネットショップよりも安くなっている商品もあると思います。

楽天市場は高いが、使えるサービスもある

商品・製品を購入しようとすると、楽天市場よりも安価なECサイトがあったりするので非常に使いにくいです。

しかし、楽天市場内の「楽天ふるさと納税」はオトクになりやすいです。「ふるさと納税」自体に値引きはないため、どこで納税しようと金額は変わないからです。

ただ、どのサイトで納税するかによって納税額に対するポイントを得ることが出来ます。

「楽天ふるさと納税」は「SPU」の対象となっているので、計画的にふるさと納税を行うことで楽天スーパーポイントを大きく獲得することができます。

楽天ふるさと納税を使うことで、ふるさと納税による住民税の減税と楽天スーパーポイントの獲得の両方のメリットを受けることが可能となります。

詳しくはこちらの記事で説明しています。よろしかったらどうぞ!
参考記事:【住民税】特別徴収の人はふるさと納税を使い間接的にポイントを得るべき

オトクに買い物をするためには

結局のところ、どうしたらオトクに買い物ができるのでしょうか?

私は価格を調べるだけでなく、最初に書いたように「仕組み」を理解した上で購入先を選択することが大事だと考えています。

楽天市場の場合

楽天市場をメインで使うならSPUの倍率を高めるために携帯を楽天モバイルに変更したり、楽天銀行・楽天カードを使うようにするなどなるべく楽天ポイントを貯めやすい状況にする必要があります。

楽天カードを使い、楽天証券で株や投資信託を購入することによって効率的に楽天ポイントを貯めることもできます。

元々、価格が高い部分があるので購入するのは楽天スーパーセールや楽天お買い物マラソンなどのセール・イベントに合わせてまとめて購入するなど、計画的に購入しないと楽天ポイントを稼ぐことはできません。

「楽天経済圏」に入るってヤツですね

正直なところ、ポイント込みでオトクな買い物だったとしても楽天ポイントの場合「期間限定ポイント」の使い道に悩む部分があるので、あまり楽天ポイントに振り回されるのもどうかと思ったりしています。

参考記事:【楽天経済圏】スーパーポイントアッププログラム(SPU)が条件変更!私たちはどこまでついてくべきか?

アマゾンの場合

アマゾンの方がメインという方は「Amazonポイント」を効率よく貯めるためにAmazon Mastercardを作って支払いすると購入額の1.5%のポイントが貯まります。

また、ポイント倍率が2%にUPするほか様々な特典がついてくる「Amazonプライム」への加入を検討した方がよいでしょう。年会費4,900円もしくは月額500円で下記の特典を受けることができます。

Amazonプライムの特典

2,000円未満の商品の送料も無料

お急ぎ便や日時指定も無料

タイムセールで一般会員より30分早く購入可能

プライム・ワードローブで試着取り寄せ・返品時は送料等は無料

プライムビデオで映像コンテンツ見放題

Prime Musicで音楽聞き放題

プライムリーディングで本読み放題

Amazon Photosでスマホの動画・画像が容量無制限

細かい買い物でも送料が無料になったり、日時指定やお急ぎ便も無料で使えるようになるなど、買い物における利便性がよくなり送料を払わなくてよくなります。

ほか、プライムビデオなどの見放題・聞き放題のコンテンツも付いてきます。なにより大きいのは「Amazon Photos」の容量無制限で動画・画像を保存できる機能です。

スマホを使っているとこういったストレージサービスを有料で使っている方も多いと思います。Amazonプライムに加入し、こういったサービスをまとめてしまえば月々支払っている費用も削減することができます。

年会費で払えば毎月約400円で済みます。カフェでのドリンク1杯分ぐらいの費用です。

動画見放題や音楽聞き放題、ストレージサービス単体で料金が発生するサービスが多い中、それらのサービス全てが年間4,900円で使えるAmazonプライムは控えめに言ってもとてもオトクです。

他の見放題・聞き放題のサービスやストレージサービスから乗り換える場合は確実に費用が浮きますし、それでも元が取れるか不安な方でもAmazonプライムは1ヶ月間は無料お試しで使うことができるので1度試してみてはどうでしょうか?

一般会員の場合、2,000円未満の商品は送料が400円かかるので細かい買い物する人なら十分元がとれますよ!

合わなかったら1ヶ月で辞めてしまえば費用は何もかかりません。ただ、月400円程度でここまで様々なことができるサービスは他にはないと思います。

【公式サイト】
Amazonプライム【30日無料体験】