よちよち投資ブログ

2017年から米国株を中心に株式投資を始めました。退場しないよう頑張ります。

【順調に含み損が減る】2019年1月3週 週間損益

前回評価額から比較して+1,160.60ドルとなりました。1月も半月が経過し、年末にあった含み損も3桁まで減ってきました。

幼児教育・保育料の無償化に見える公平の難しさ

2019年10月から「幼児教育の無償化」が始まります。わたしの家庭でも下の子が対象となります。いままで毎月、負担していた保育料が無料になるということで最初ニュースで見たときは、うれしく思いました。ただ、上の子は小学生になっており、対象外なので、…

2018年の年末時点での保有資産損益を円貨換算してみた

毎週、毎月のドルベースでのポートフォリオの損益はブログ記事にもしており、記録していますが円ベースでの損益はまったく集計していませんでした。なぜなら、当分(十年以上くらい?)米国株に投資しているドル資産を日本円に替える予定がないからです。

【米国情報技術セクター】ETFの減配状況【VGT】

名称は、バンガード米国情報技術セクターETFです。MSCIUSインベスタブル・マーケット・情報技術25/50トランジション・インデックスのパフォーマンスへの連動を目指したETFであり、米国の情報技術セクターの大型株・中型株・小型株へと投資しています。

【順調に含み損が減る】2019年1月2週 週間損益

前回評価額から比較して+1,003.65ドルとなりました。2018年の年末時にあった含み損が半分ほどになりました。年明け2週間ほどで2,000ドルほど上昇しています。そういえば、去年も1月は好調でしたよね~、たしか。

株価が下がって利回りが上昇しているVYMをNISAで買い増し

株価が下がってくるとともに、配当利回りも上昇しています。Yahoo Financeで見ると配当利回り3.4%となっていますね。今回はNISA口座で購入したので、配当利回りが3.4%あれば、手取り配当も3%をキープできる利回りです。

ふるさと納税と軽い副業の絶望的な相性の悪さ【ワンストップ特例】

副業の年間所得が20万円未満で確定申告が不要となる人が「ふるさと納税」をすると、ちょっと面倒くさいことになってしまいます。

【1,000ドル突破】12月に受け取った配当金を公開

018年に受け取った配当金が確定しました。今年の税引き後の配当金額は1,215.46ドルとなりました。年間1,000ドル達成です! と書いたものの、受け取った配当金は当然、物を買うわけでもなく再投資に使うわけで実感もないですし、これからの先の長さを考えると…

ふるさと納税が高所得者の方がより節税できる理由

ふるさと納税は、寄付した金額から2,000円を差し引いた額が所得税や翌年に支払う住民税から控除される制度です。税金から控除される金額には限度があり、その上限額は本人の所得や所得控除の額よって決まります。 控除上限額の範囲内でふるさと納税をした場…

【さらに戻った】2019年1月1週 週間損益

前回評価額から比較して+980.49ドルとなりました。年明け早々、上々なスタートですね。

2018年12月末時点の損益公開【含み損】

12月末時点での株式評価額は52,103.24ドル。先月対比損益については、△5723.58ドルとなりました。株式投資を始めてから、びっくりするほど下落しました。そして今までの表だと含み損が発生すると、評価額の表示がおかしくなることが分かりました。

【米国金融セクター】ETFの減配状況【VFH】

名称は、バンガード米国金融セクターETFです。米国の金融セクターの大型株・中型株・小型株へと投資しています。 金融セクターの構成業種は、銀行、不動産金融、消費者金融、投資銀行・証券会社、資産運用会社・資産管理銀行、企業への貸付、保険・金融投…