よちよち投資ブログ

相場から退場しない投資を目指す

桃鉄 株式投資
楽天ポイント投資信託
初心者の株式投資
米国ETF

証券会社

楽天証券の特徴 手数料やその他おすすめポイントを紹介

楽天証券とは、1999年に設立され(旧名 DLJディレクトSFG証券)、2004年に現在の称号となったネット証券大手の証券会社です。近年でも取扱い投資商品の選択肢を増やすため証券会社との経営統合・吸収合併を続けており、預かり資産は1兆円を超える規模となっ…

米国株への投資はSBI証券がおすすめ!そのメリット・デメリットは?

株式市場は日本以外にもあり、もっとも大きな市場は米国市場です。日本市場の中でもトヨタやソニーなど世界的な企業がありますが、米国市場にはアマゾンを始めとした世界中で使われているサービス・商品を取扱っている企業が山のように存在しています。

【節税】イデコ(iDeCo)に入るならSBI証券がおすすめだと言える理由

iDeCoとは、確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金の制度です。イデコに加入するためには、申込み・掛け金の拠出・運用方法などの手続きを自分で申込み、運用していくというものになります。

つみたてNISAでおすすめ投資信託とおすすめ証券会社は

つみたてNISAとは、2018年にスタートされた少額からの長期・積立・分散投資を支援するために始まった非課税制度です。少額という事で1年間に購入できる金額は40万円までと設定されています。非課税期間は20年間となっており、購入可能な商品は厳しい一…

SBI証券でNISA口座を作るメリットとは

NISAの場合 SBI証券では、通常のNISA口座での取引については 取引手数料が恒久的に0円で提供されています。取引手数料が0円となる商品は、国内株式については買付・売却ともに手数料0円、海外ETF(米国・中国・韓国)は買付手数料が0円に設定されています…

【簡単】SBI証券の口座開設方法を画像付きで分かりやすく解説

SBI証券は、低価格な手数料体系、豊富な投資信託数・株式銘柄数、便利な取引ツール「HYPER SBI」など、初めて投資をする初心者の方から専業投資家まで多くの投資家から人気を集めている証券会社です。

SBI証券の特徴 手数料や手続きに必要な書類、その他おすすめポイントを紹介

SBI証券とは SBI証券とは、1944年に設立され(旧名 大沢証券)、2008年に現在の称号となったネット証券最大手の証券会社です。銀行や保険会社を傘下に置いているSBIホールディングスの100%子会社です。 オンライン総合証券の先駆けとして、革新的…

お問い合わせ

こちらにお問い合わせください。 読み込んでいます...