よちよち投資ブログ

相場から退場しない投資を目指す

桃鉄 株式投資
楽天ポイント投資信託
初心者の株式投資
米国ETF

【楽天経済圏】スーパーポイントアッププログラム(SPU)が条件変更!私たちはどこまでついてくべきか?

楽天市場のスーパーポイントアッププログラム(SPU)とは、楽天の各種サービスを使うことによって楽天市場での買い物をする際にもらえる楽天ポイントの倍率が増えるというプログラムです。

このSPUが2019年7月1日に変更されました。主な変更点は

変更前
楽天市場アプリからの買い物   +1倍

変更後
楽天市場アプリからの買い物   +0.5倍
楽天保健+楽天カードでの支払い +1倍
楽天でんきの加入&利用     +0.5倍

というものです。

event.rakuten.co.jp

上記のとおり改悪となった部分もありますし、新たなサービスが追加されオトクになった部分もあります。

ポイント制度の改悪

楽天経済圏にどこまでついていくべきか

楽天市場のSPUは2016年1月に開始され、その後何度もサービスの追加などの更新がありました。2019年4月にも変更があったばかりですね。この時は楽天ブックス・楽天koboの条件変更でした。

過去の更新はこのようになっています。

楽天市場SPU更新履歴(引用 楽天市場ホームページ

現時点でSPUの対象となっているサービスはこのようなものがあります。

サービス名 倍率 私が使用しているサービス
楽天カード 1倍
楽天プレミアム・ゴールドカード 2倍
楽天銀行+楽天カード 1倍
楽天市場アプリ 0.5倍
楽天証券 1倍
楽天モバイル 2倍
楽天TV 1倍
楽天ブランドアベニュー 1倍
楽天ブックス 0.5倍
楽天kobo 0.5倍
楽天トラベル 1倍
楽天ビューティ 1倍
楽天の保険+楽天カード 1倍
楽天でんき 0.5倍

私は上記のとおり、楽天カード・楽天銀行+楽天カード・楽天市場アプリ・楽天証券・楽天モバイルのサービスを利用しています。これらを合わせると+5.5倍分となります。

これらは自分の中では毎月必ず使うサービスです。携帯電話は必ず使うし、楽天証券ではつみたてNISAで投資しています。楽天モバイルの支払いは楽天カードで払っています。毎月支払いが発生するので利用しているだけです。

新たに追加された楽天でんきは電気代は必須のため、金額によって変更の余地がありますがこれ以外のサービスは何かを購入したり契約する必要のあるものばかりです。

私はそんなに頻繁に旅行も行きませんし、電子書籍を購入することもありません。

ということで自分の中で今の状態が現実的にSPUのポイント倍率を上げられる限界なのかなと思っています。

ポイント倍率を上げるためだけにほかのサービスを利用するなんて本末転倒ですしね。

0.5倍になることの弊害は

今回の変更で「楽天アプリ」の倍率が1倍⇒0.5倍と下がりました。SPUでの+1倍とはポイントが1%ということなので0.5倍の場合は0.5%の楽天ポイントが獲得できるということになります。

つまり、1倍だと100円で1ポイント、0.5倍だと200円で1ポイントとなります。楽天ポイントは小数点切り捨てでの計算となるため、細かいですが切り捨てられるポイントが多くなります。

楽天ポイントの仕組み(引用 楽天市場ホームページ

上記画像のように0.5倍になることで少数点以下となる金額が多くなるため、このような計算となります。

楽天市場アプリは楽天ポイントを貯めている人なら当たり前のように使うサービスなのでこれが1倍⇒0.5倍になるということは、多くの人が〇.5倍というポイント倍率になるのではないでしょうか。

結局SPUの倍率が適用されるのは楽天市場だけ

当たり前ですけどね。いくら楽天経済圏に入ってSPUのポイント倍率を高めたところでその倍率で買い物ができるのは楽天市場での買い物だけです。

私の場合、楽天市場で定期的に購入するものもないので実際問題として倍率を高めたところで使いこなせてない部分もあります。
参考記事:楽天ポイント貯めたいけど楽天市場って高いよね

楽天ふるさと納税であれば、翌年支払うべき住民税を先払いするだけなのでオトクだと思います。私の場合は、低所得かつもろもろの控除が多いのでふるさと納税があまり使えませんが・・・。

SPUでポイント倍率が10倍になろうとも20倍になろうとも楽天市場で効率的に買い物ができるシステムを構築しないとほとんど意味がないということになります。

手間のかからない範囲で楽天経済圏にお世話になるのが楽だと思う

私が現時点で使っているSPUのサービスはほとんどが自分の生活に必要なものでかつ、最初に設定したらあとは何かを調べたり考えたりする必要のないものです。

新たに楽天の保険に入る必要性もいまのところ感じません。

先日、我が家では洗濯機が故障したため新しく洗濯機を購入しました。高額な買い物のため多くの楽天ポイントを獲得しようと思い、値段が安くなるまで待つ・楽天スーパーセールが始まるまで待つ、ということをやってました。

その結果、それなりの楽天ポイントを得ることができました。すぐに買った時と比べると数千ポイント分の楽天ポイントが余分に得られました。

ただ、買い替えるまでの数か月の間は妻の負担が間違いなく増えていました。その負担のことを考えると、そこまでしてポイントを追いかけなくても多少損をしても早めに購入していた方が良かったんじゃないかな、と思います。

その苦労が数千ポイントに見合っていたのかな、と考えてしまいます。

考え方は人それぞれなので「私の場合は」ですが楽天ポイントを含めたポイントシステムは手間がかからない、深く考えなくてもよい範囲内で獲得していければそれで良いかなと思います。

やっぱり、ポイントに振り回されたくないという気持ちが強いです。私は意思があまり強くないので気づいたら「ポイントを獲得するために消費する」という状況になってそうで・・・。

注:最近、思いっきり振り回されました。というか振り回され中です。
【楽天ポイント生活を続けた末路】楽天証券⇒楽天銀行で投資信託買い付けによるポイント獲得ルートが改悪