よちよち投資ブログ

相場から退場しない投資を目指す

桃鉄 株式投資
楽天ポイント投資信託
初心者の株式投資
米国ETF

【金融セレクト・セクター】ETFの減配状況【XLF】

金融セクターETFであるXLFの過去の減配状況などについて調べてみました。

XLFの概要、経費率、配当利回りなど

名称は、金融セレクト・セクターSPDRファンドです。ステート・ストリート社が出している、同指数に連動する投資成果を目標としたETFになります。

設定日 1998年12月16日
運用会社 ステート・ストリート
上場取引所 NYSE Arca
ベンチマーク 金融セレクト・セクター指数
経費率 0.13%
構成株式銘柄数 67銘柄
配当スケジュール 四半期
株価収益率(PER) 11.84倍
設定来リターン 3.81%
配当利回り 1.88% 

ステート・ストリート社のセクターETFの特徴はS&P500指数を構成する企業から一般的な産業分類に基づいて選択されていることです。各セレクト・セクターSPDRファンドは全部で9種類あり、その全てを合わせるとS&P500指数の全銘柄がカバーできるようになっています。

金融セクターの特徴は

金融セクターの構成業種は、銀行、資本市場、保険、各種金融、消費者金融などの業務に関する企業で構成されています。
セクターローテーション
(引用 SBI証券サイト)

セクターローテーションで考えると金融セクターは中期(拡張期)にパフォーマンスが良いとされるセクターです。リセッションから回復し、景気が拡大し、金利の上昇が始まってくるような時期です。金利が上がれば、銀行等の金利収入も上がり業績の上昇が期待できるからですね。ほかに中期にパフォーマンスが良いとされているセクターはテクノロジーセクターです。
www.maaikkana.com

XLFの構成銘柄・構成業種

上位構成銘柄の内訳はこのようになっています。

XLFの上位構成銘柄(引用 ステート・ストリート社

上位10銘柄の占める割合は50%を超えています。S&P500指数を構成する銘柄から選択されているとうこで、金融株の中でも大型株に比重がかかっています。

業種別構成割合は
銀行      42.06%
資本市場    20.46%
保険      19.11%
各種金融サービス12.82%
消費者金融   5.55%
といった構成となっています。

バンガードの金融セクターETFであるVFHよりも産業割合が少し偏っているでしょうか。
参考記事:【米国金融セクター】ETFの減配状況【VFH】

XLFは減配している

XLFの配当推移

年度 配当金 増配率 増配額
1999年 $0.243
2000年 $0.295 21.40% $0.05
2001年 $0.327 10.74% $0.03
2002年 $0.363 11.19% $0.04
2003年 $0.419 15.44% $0.06
2004年 $0.508 21.12% $0.09
2005年 $0.577 13.60% $0.07
2006年 $0.682 18.17% $0.10
2007年 $0.706 3.58% $0.02
2008年 $0.626 -11.28% -$0.08
2009年 $0.200 -68.09% -$0.43
2010年 $0.127 -36.59% -$0.07
2011年 $0.183 44.24% $0.06
2012年 $0.234 28.00% $0.05
2013年 $0.295 25.94% $0.06
2014年 $0.397 34.72% $0.10
2015年 $0.464 16.94% $0.07
2016年 $0.444 -4.40% -$0.02
2017年 $0.412 -7.15% -$0.03
2018年 $0.497 20.63% $0.09

2009年近辺のリーマンショック時の配当金の落ち込みが大きいです。サブプライムローンを取扱っていた金融セクターのETFのため、構成銘柄の多くが減配されたのでしょう。VFHと同じで現在の配当金はリーマンショック前の配当金の水準まで戻っていません。

増配率を見ると、増配時は二けた増配が多くあります。金融危機に陥った時の減配率も大きいですが。配当利回りからみても配当をメインにした投資をするようなETFではありませんね。

リセッションを確認後、景気が底打ちしたタイミングで投資しキャピタルゲインを狙うようなETFになるでしょうか。

他のETFの減配状況はコチラへ
www.maaikkana.com

米国株・ETFへと投資する場合、SBI銀行・SBI証券を併用するとドル購入時の為替手数料が割安になります。詳しくはコチラをどうぞ。
www.maaikkana.com

ETFではありませんが、BDCと呼ばれる業態で高配当な銘柄もあります。
www.maaikkana.com