よちよち投資ブログ

2017年から米国株を中心に株式投資を始めました。退場しないよう頑張ります。

台風が来ると、会社の事務所が水没する

スポンサーリンク

保有株一覧

銘柄($) 評価額 損益 損益率
米国株・ETF(日米ともに前営業日損益)
HDV 11,508.48 626.38 5.8%
VTI 12,652.92 1,252.65 11.0%
VYM 12,141.24 502.49 4.3%
PFF 265.37 -6.79 -2.5%
PM 2,529.92 -1,274.31 -33.5%
RDSB 2,192.32 384.00 21.2%
VZ 2,128.23 364.65 20.7%
KO 1,813.20 4.40 0.2%
JNJ 1,753.18 -27.95 -1.6%
合計 46,984.86 1,825.52 4.0%
日本株(ドル計算)
コラボス 2,365.44 -15.21 -0.6%
MKシステム 1,320.70 -1,106.56 -45.6%
合計 3,686.14 -1,121.77 -23.3%
総合計 50,671.00 703.75 1.4%

前回損益から+140.36ドルとなっています。

 

 

台風が来るたびに心配になる 

先日のダブル台風の時は大丈夫でしたが、私の勤めている会社の事務所は台風(特に雨台風)が来ると、床下浸水するような場所に建っています。 

2年~3年に1回は、被害に会っているんじゃないかな~。まぁ、自分の家ではないので、まだいいんですけど。

むしろ、事務所の周りの道路が冠水したりして、自宅待機になるなど仕事が休みになったりするので、少しうれしい部分もあったりします。暴風警報などで学校が休みになる学生の気分と同じですね。 

これはあくまでも会社の建物であり、自分の所有している建物じゃないので他人事というか、そのように思うわけです。床上浸水したり、事務所が流されたりでもしたら、流石に困りますが・・・ 

土地的に低い場所に建っているせいか、事務所の周りは田んぼだらけです。最近、その田んぼが造成され、新築住宅がポツポツ建てられています。

私だったら、こんな数年に1度は道路が冠水してしまうような土地に、一生に一度建てるかどうかのマイホームを建設しようとは、思いません。 

思いませんが・・・これってもしかしてホームメーカーなどから、きちんと説明を受けてなかったりするんじゃないかな~、と思ったりもします。

わざわざ、受注したい業者が「ここは数年に1度、浸水しますよ」なんて、聞かれない限り言わないでしょうし・・・ 

マイホームを建てる時って、間取りや素材、建設費用なんかに目がいくのでなかなかそこまで気がまわらなかったりするんですかね~。ちなみに、私はマイホームを建てたこともないので、完全に想像ですが。

自分が結婚して、アパートを探すときは間取り・家賃・隣人などが気になりあまり土地が低いか、ということには気を付けていませんでした。 

この場合、私は事務所がその場所にあるので、台風の被害を体験することにより知っているだけで、住んでいないとなかなか把握できませんよね。稲刈り後に台風が来ると、田んぼからわらが流出し、敷地内に敷き詰められ移動が困難になる、とか。 

これって、株にも言える訳で、 銘柄を監視しているだけでは分からないことも保有してみると、当事者意識が芽生え色んなものが見えてくる。買ってみないと分からないことが、沢山あるということですね。

ただ、株は最悪、容易に売却撤退できますけど、マイホームは撤退が非常に困難だと思います、心理的にも、流動性的にも。(・・・などと、保有した上で調べもせず日本株を撤退するビビリ投資家が申しております) 

と、ムリヤリ株の話とくっつけてみた所で、失礼します。 

www.maaikkana.com