よちよち投資ブログ

2017年から米国株を中心に株式投資を始めました。退場しないよう頑張ります。

喫煙投資家だけが持つ節約の最終手段とは

保有株一覧

銘柄 評価額 損益 損益率
米国株・ETF(日米ともに前営業日損益)
HDV 12,679.58 811.22 6.8%
VTI 12,612.60 1,212.40 10.6%
VYM 15,206.52 564.96 3.9%
PFF 259.56 -12.60 -4.6%
PM 2,589.12 -1,215.11 -31.9%
RDSB 2,184.96 376.64 20.8%
VZ 2,086.50 322.92 18.3%
KO 1,838.40 29.60 1.6%
JNJ 1,825.98 44.85 2.5%
合計 51,283.22 2,134.88 4.3%
日本株(ドル計算)
MKシステム 1,436.12 -980.31 -40.6%
合計 1,436.12 -980.31 -40.5%
総合計 52,719.34 1,154.57 2.2%

前回損益から△45.13ドルとなっています。 

 

私の場合、買付資金が18万/年ほどアップします 

先日、フィリップモリスに引き続き、JTもタバコの値上げを正式に発表しました。いずれも10月1日から値上げとなり、銘柄によってはタバコ1箱500円の時代がとうとうやってきます。

私の吸っているマールボロは510円になるとのことです・・・。紙巻タバコだけでなくアイコスに関しても1箱500円となるので、紙巻タバコを吸っていようが電子タバコにしていようが値上げの影響を受けることになります。

私が初めてタバコを吸った時は、たしか1箱200円代だったので十数年でびっくりするぐらい値上がっていきましたね。もうおいそれと1本ちょうだい、なんて言える金額じゃないです。

この値上げを機に、禁煙・卒煙に挑む方もたくさんいると思います。もちろん私も挑戦するつもりです。今までも何度も禁煙を試みましたが、ことごとく失敗してきました。でも、今回は違うと思うんです。だって私、株式投資していますから!以前の私とは違うんです!

もし、禁煙が成功したとすると、私の場合1年間に500円x30日x12月=180,000円!の余力資金が生まれることになります。1年間に18万ですよ!私は毎月2000ドルの買い増しをしていますから、約1回分の資金を捻出することができることになります。

私のように、結婚しておこづかい制になっていて投資資金を捻出するのにヒィヒィ言っている人にとっては千載一隅のチャンスです!そして、この資金調達方法は、私たち選ばれた喫煙投資家にしか権利を与えられていません。そう、今まで喫煙してきたからこその最終手段です。

今までは、「ただ単にタバコをやめたい」という理由で禁煙に挑戦していましたが、今回はそれに加え「投資資金の調達」という大義名分を得ることができたので、強い意志を持って、禁煙に挑戦しようと思います。(やめるとは言っていない) 

10月1日まであと少しです。私を含め、投資資金の捻出に悩んでいる喫煙投資家の皆さん、年/18万円(人による)の獲得に向けて 頑張ろうではありませんか!(あくまでもやめるとは言っていない)

あっ、でも全員にやめられたら困るので(フィリップモリスに投資しています)投資資金に余裕のある方は、無理に禁煙しないで下さいね。(ムリ、ヨクナイ) 

【第1類医薬品】ニコチネル パッチ20 7枚 ※セルフメディケーション税制対象商品

【第1類医薬品】ニコチネル パッチ20 7枚 ※セルフメディケーション税制対象商品

 

 ※もともと喫煙していない人の方が、そもそも資金余力があることはいうまでもありません。