よちよち投資ブログ

2017年から米国株を中心に株式投資を始めました。退場しないよう頑張ります。

銀行の投資信託、個人の4割が損してるって

スポンサーリンク

保有株一覧 

銘柄($) 評価額 損益 損益率
米国株・ETF(日米ともに前営業日損益)
HDV 10,967.04 84.94 0.8%
VTI 10,053.60 583.80 6.2%
VYM 9,620.90 -55.66 -0.6%
PFF 265.44 -6.72 -2.5%
PM 2,624.96 -1,179.27 -31.0%
RDSB 2,311.04 502.72 27.8%
VZ 1,999.92 236.34 13.4%
KO 1,786.40 -22.40 -1.2%
JNJ 1,625.00 -156.13 -8.8%
合計 41,254.30 -12.38 0.0%
日本株(ドル計算)
マークラインズ 3,849.23 2,151.52 126.7%
コラボス 2,741.83 339.92 14.2%
MKシステム 1,491.60 -957.34 -39.1%
合計 8,082.66 1,534.10 23.4%
総合計 49,336.96 1,521.72 3.2%

前回損益から+539.42ドルとなっています。 

 

 

あれ、自分もじゃないか?

 

ヤフーニュースを見ていたら、こんな記事が

掲載されていました。

国内29の銀行で投資信託を買った個人客の半分近くが、運用損失を出していることが金融庁の調べでわかった。運用成績は銀行ごとに大きな差異がみられたといい、各行の販売・運用姿勢や商品の品ぞろえが、顧客の資産形成に影響を及ぼした可能性がある。

 金融庁が主要行9行と地方銀行20行の窓口で投信を買った客全員の今年3月末と購入時の投信の評価額を比べた。顧客が払う手数料も引き、実質的な「手取り」を試算すると、46%の人の運用損益がマイナスで、損をしていたという。購入した時期にもよるが、株価が上昇基調で比較的「損をしにくい」環境のなかで、比較的多くの人が損をしていたことになる。

 同庁によると、平均で10%以上の運用益を出している銀行が6行ある一方、平均の運用損益がマイナスだった銀行も1行あった。

(朝日新聞デジタルより)

 

やっぱり、銀行の取り扱っている投資信託は

手数料が高かったりして、損することの方が

多いのかな、などと素人なりに思いました。

 

46%の人が損している、という数字は大きい

のか小さいのかよく分かりません。

50%以上の人は、利益が出ているっていうこと

ですしね~。

 

投資信託も市場平均に連動したもの以外にも

色んな種類のものがあるでしょうから

その中で、半数以上が利益が出ていれば

悪くないんじゃない、と思ったりもしますけど。

全員が、勝てるわけじゃないでしょうし・・・

 

この記事によると、購入時から今年3月末時点の

投資信託の評価額を比べた、とあるので

自分の場合、どうだったのかと思って過去の記事を

確認してみました。

私の場合、投資信託と言うとETFですね。

 

ブログの3月30日のポートフォリオを見てみると

銘柄 評価額($) 損益($) 損益率($)
ETF
HDV 8,870.40 -56.70 -0.6%
VTI 7,736.04 224.01 3.0%
VYM 7,506.59 -188.37 -2.4%
PFF 262.92 -9.24 -3.4%
合計 24375.95 -30.3 -0.1%

 

あれ、マイナスになってる・・・

銀行の手数料が~、とか言える身分じゃない・・・

手数料少なくても、マイナスなっているんですが。

 

う~ん、そういえば2月に大きめの調整が

ありましたよね。

「損をしにくい環境」とありますが、調整が

ありましたよね。

 

ということで、私も46%の中に入っていると

いうことが、確認できました・・・

厳密にいうと銀行の窓口では、購入していないので

入っていませんが・・・

 

う~ん、これって集計の期間次第で

なんとでもなるような数字の気がするんですけど

この発表って意味あるんやろか・・・(強がり)