よちよち投資ブログ

2017年から米国株を中心に株式投資を始めました。退場しないよう頑張ります。

あなたの投資をする理由・目的は?リタイアのため?老後のため?

60歳以降、年金のみの収入で生活する場合2,000万円以上の預貯金などの資産が必要と言われています。アーリーリタイアやセミリタイアを検討している場合、残しておかなければならない資産はより多い金額となります。

投資によって資産を運用している場合、株式投資であれば配当金・不動産投資であれば毎月の家賃などインカムゲインを期待することもできるので、資産の取り崩しを避けることもできます。

資産が増加してから考えるという人もいるかもしれませんね。資産が増えるということは選択肢が増えるということでもあります。

選択肢

労働しなくてもよい、という選択肢を持ってみたい

株式投資や不動産投資をはじめとする資産運用を始める際に、その運用が上手くいったときにどうなりたいか、という目標は誰でも立てると思います。

自分が高齢になった時のために資産を増やしたい・資産を築いてリタイア・セミリタイアしたい・資産を増やして高額なものを保有したい・海外旅行に行きたい、などその目標は人によってそれぞれあると思います。

最近ではFIRE(Financial Independence, Retire Early)という経済的自由を得て早期に退職するという考え方も広まってきています。これを目標に資産運用を行っている人も多いのではないかと思います。

人生の選択肢を増やすことは、とても大事です。増えた選択肢を選ばなかったとしてもその選択肢を選ぶことができる、という状況にいるのといないのとでは全然違います。選択肢を増やす方法はいろいろあると思いますが、一番分かりやすい方法は資産をもっている、つまり経済的に困らないという状況に持っていくことだと思います。
関連記事:定年を70歳に延長しなくても高齢者の就業者数が増加していてゾッとした

私の場合は

株式投資を始めた最初のころは、老後の不安が一番でした。毎月給与から天引きされるものの実際もらう時にはどうなるか分からない年金、高齢化が進み今後もどんどん税負担が増えることが予想される日本経済、自分の子供に不自由なく進路を決めてほしいという期待についてくる金銭的負担に対する不安など。

考え出したらキリがありません。それならば資産運用をして自分の資産を増やして、こういった不安を払拭したいという気持ちがありました。投資を始めるとっかかりが「老後の不安」から始まっているせいか、そこまで短期的な結果を求めようとは思っていません。何十年単位の長いスパンでの結果を期待して資産運用を続けています。
関連記事:なぜ長期投資なのか?なぜ高配当株なのか?なぜETFなのか?

まだ投資の経験も浅いので、1日単位での株価の値動きに心を揺さぶられることも多いですが、この方法が自分の性格にもあっていると思うので今後も続けていくつもりです。

最初は「老後の不安」が大きな理由のひとつでしたが、最近になってほかの理由も大きくなってきています。

経済的自由を感じてみたい

それは、資産運用が上手くいったとして資産が増加し、配当金が増え、給料に頼らなくてもよくなった時、自分がどのような気持ちになるのだろう?という理由です。

金銭的な理由に縛られず働くことは、どんな気持ちで働くことになるのだろうか?もう働きたくなくなってしまうのか、ラクな気持ちで働けるようになるのか、はたまた何も変わらないのか・・・、その気持ちを経験してみたいと思うようになりました。

もうすでにそのような状態になっている方もブログなどで見かけます。感想なども書かれているので参考になりますが、やはり自分で経験してみたいです。何を思うのかを。

そのような状態になるまでには、まだまだ時間がかかります。相場の問題もありますし、資金的な問題もあります。もしかしたら暴落で退場してしまうこともあるかもしれません。

それでも、目標が多い方が頑張れる(相場に居続けられる)と思うので、よい変化なのかな、と感じています。株式投資を始めなければこんなこと考えもしなかったですからね。