よちよち投資ブログ

2017年から米国株を中心に株式投資を始めました。退場しないよう頑張ります。

独身時代のお金の使い方②

スポンサーリンク

保有株一覧 

 

銘柄 評価額($) 損益($) 損益率
米国株・ETF
HDV 8,977.50 50.40 0.6%
VTI 8,042.70 530.10 7.1%
VYM 9,745.10 68.54 0.7%
PFF 259.21 -12.95 -4.8%
PM 2,614.40 -1,189.83 -31.3%
RDSB 2,369.60 561.28 31.0%
VZ 1,895.01 131.43 7.5%
KO 1,696.00 -112.80 -6.2%
JNJ 1,604.85 -176.28 -9.9%
合計 37,204.37 -150.11 -0.4%
日本株(ドル計算)
マークラインズ 3,868.71 2,155.97 125.9%
コラボス 2,859.12 435.95 18.0%
MKシステム 1,856.83 -613.78 -24.8%
合計 8,584.66 1,978.14 29.9%
総合計 45,789.03 1,828.03 4.2%

前回損益から+44.41ドルとなっています。

 

1位 実家暮らししていたから 

先日、2位・3位と書きましたが、独身時代に

少ないながらに貯蓄できた理由は、圧倒的1位で

この理由だったと思います。

 

www.maaikkana.com

 

 

私は、大学入学から新卒で入社した会社にいた間は

アパートで一人暮らしをしていました。

学生時代については、アルバイトなので貯蓄は

出来ませんでした。

 

社会人になってから転職して実家に帰るまでの

2年間も、給与が入っても家賃はかかるし

食事も自炊するはずもなく、外食ばかりで

全然お金を貯めることができませんでした。

 

また私にとってはストレス負荷が大きい会社だったので

ストレス解消のため散財することも多かったです。

服をかったり、飲みにいったり、ゴニョゴニョしたり・・・

 

その後、転職するまでに無職期間があり

貯金を使い果たしてしまい

ほぼ貯金ゼロから、再スタートしました・・・

収入がないと貯金が減るのが、早いこと、早いこと。

 

ただ、実家暮らしになり家賃はかからないので

毎月その分だけ浮いてくる状況が続きました。

毎月の食費は入れていましたけど、それ以上に

出ていくお金が減るので、自然と貯蓄できるように

なりました。

 

当時は、意識的に節約しているつもりもなかったので

もし、あの頃ちゃんと節約していたら、もっと貯蓄

出来ていたはずです。

 

実家に戻った頃の自分に会えるなら、「今がチャンスや!

貯めれるだけ貯めておけっ!っていうか株買えっ!

数年後にリーマンショックっていうのがあるけどな・・・」

って言いたいです。

 

よく、社会人になったら自立のために実家を出て

暮らさないと一人前にならないとか言いますが

一人前になるにしても順番が違うんじゃないかな

と思います。

 

アパートを借りて、自立して働いて貯蓄していくより

実家で暮らして貯蓄して、あわよくば資産運用して

資産が出来てから、自立したほうがよっぽど親も

安心するんじゃないですかね。

 

いや、まあ小言は言われることもあると思いますけど・・・

 

という訳で、私が少ないながらも独身時代に貯蓄できたのは

この3つの理由が合わさって、できたのだと思います。

1位~3位まですべて支出を減らすという内容でした。

 

やっぱり、収入を増やすことも大事ですけど

自分の財布から出ていく支出を減らすことの方が

自分でもコントロールしやすいでしょうし

すぐに効果がでますしね。

 

増やすって言っても、給与は上がり続けるか分からないし

副業するにも、かなりのエネルギーが必要ですしね。

 

もし、独身で投資をしていてより投資資金を作りたいのなら

実家暮らしをしてみるのも、いいと思います。

多少、肩身が狭くなるかもしれませんが・・・