よちよち投資ブログ

2017年から米国株を中心に株式投資を始めました。退場しないよう頑張ります。

独身時代のお金の使い方

保有株一覧 

銘柄 評価額($) 損益($) 損益率
米国株・ETF
HDV 8,938.65 11.55 0.1%
VTI 8,021.61 509.01 6.8%
VYM 9,724.40 47.84 0.5%
PFF 258.65 -13.51 -5.0%
PM 2,555.84 -1,248.39 -32.8%
RDSB 2,425.60 617.28 34.1%
VZ 1,903.59 140.01 7.9%
KO 1,690.00 -118.80 -6.6%
JNJ 1,597.83 -183.30 -10.3%
合計 37,116.17 -238.31 -0.6%
日本株(ドル計算)
マークラインズ 3,850.47 2,137.73 124.8%
コラボス 2,891.96 468.79 19.3%
MKシステム 1,886.02 -584.59 -23.7%
合計 8,628.45 2,021.93 30.6%
総合計 45,744.62 1,783.62 4.1%

前回損益から△329.64ドルとなっています。

 

貯蓄できていてよかった

私は毎月2,000ドルを目安に、銘柄を購入しています。株を購入するお金の原資は、独身時代に貯めていた預金からねん出しています。生活費・家族の貯蓄には一切手を出していません。 

世間一般でいうと大した金額ではないかもしれませんがこのお金が残っていたから、株式投資を始めることができたので、「過去の自分 よく残しておいてくれた!」と思います。もし、50万くらいしかなかったら株式投資をするという選択をしなかったと思います。 

ただ、結婚してからは自分のお金(へそくり?)はほとんど増えていません。それほど減ってもいませんが・・・ 

結婚した友人の話を聞くと、独身時代に残していたへそくりは、結婚後数年で散財して全てなくなっている人がほとんどです。たまに集まって遊ぶ時など、飲みに行って2件目行こうかというときに、「お金ないっす」となる友人もいるので「どんだけないねんっ!」と思う事もあります。 

だから自分でも、株式投資を始めるまでよく貯蓄を減らさずにこれたな~、と思うわけですがそれと同時に、独身時代に給与もそれほど高くなかったのに、よく残っていたな~とも思います。 

自分の中で独身時代に、これは影響が大きかったと思うもので順位をつけるとしたら 

3位 ゲームをしていた

独身時代に「ストリートファイター4」というPS3のゲームにはまって、購入してから2年間くらい、仕事が終わったらまっすぐ家に帰りご飯・風呂が終わり次第、ひたすらプレイしていた時期がありました。 

費用は購入したソフト代のみなので、お金があまりかからないんですよねぇ。ゲームやってるから外出もほとんどしないし・・・外出しないから、他にお金を使うイベントが少なくなるんでしょうね。 

その前は「信長の野望」をひたすらやっていました。予定がないと、ほとんどゲームしていたと思います。一人桃鉄とか、好物ですし。割と一つのゲームをやり続けるタイプなので費用対効果が高かったと思います。 

同じゲームをずっとやり続けられるゲーマーの人っていると思うので、そういう人は結果的に散財せずお金が残りやすい部分があると思います。 

課金ゲームは、アカンですよ・・・ 

私、運よく(?)結婚させていただいているのですが結婚前に、自分の親に奥さんを紹介した時に母から「あれだけゲームばっかりしているし、そういう人がいる気配が全くなかった。」と言われました・・・ 

2位 お酒をあまり飲まない(外食しない)

最近は、家で少し飲むようになりましたが基本的には飲まないので、居酒屋なども行く機会がほとんどありません。 

私は転職をしていまして、新卒で入社した会社がガッチガチの体育会系の会社でした。3年間ほど勤めましたが、上司と飲みに行く機会や接待などもあったため、この時期は外食も多かったです。 

転職後は、そのようなこともなくなり、もともとお酒がそれほど好きではないため、居酒屋を含めた外食へ行くことが、ほとんどなくなりました。同僚とごはんを食べに行くより、早くお家に帰りたいタイプですね。帰りたいというか、ゲームしたいタイプですね。 

長くなったので1位は次回にします・・・ 

www.maaikkana.com