よちよち投資ブログ

2017年から米国株を中心に株式投資を始めました。退場しないよう頑張ります。

イデハラ(イデコハラスメント)

保有株一覧 

銘柄 評価額($) 損益($) 損益率
米国株・ETF
HDV 8,958.60 31.50 0.4%
VTI 8,051.25 538.65 7.2%
VYM 9,749.70 73.14 0.8%
PFF 258.58 -13.58 -5.0%
PM 2,564.80 -1,239.43 -32.6%
RDSB 2,454.08 645.76 35.7%
VZ 1,888.77 125.19 7.1%
KO 1,696.40 -112.40 -6.2%
JNJ 1,608.36 -172.77 -9.7%
合計 37,230.54 -123.94 -0.3%
日本株(ドル計算)
マークラインズ 3,989.63 2,297.55 135.8%
コラボス 2,900.32 506.38 21.2%
MKシステム 1,874.08 -566.73 -23.2%
合計 8,764.03 2,237.20 34.3%
総合計 45,994.57 2,113.26 4.8%

前回損益から+297.04ドルとなっています。

 

えっ、そんなハラスメントもあるんすか・・・

イデコハラスメントとは、従業員がイデコに加入したくても所属する会社が、必要な書類を書いてくれず加入を妨げられることを、言うようです。 

中小企業等の場合、事業主や担当者の知識不足が原因でこのようなことが起こるみたいです。「投資のことを考えている暇があるんなら もっと仕事しろ!」みたいなことですかね・・・ 

私も中小企業に勤めており、確定拠出年金の手続きをする際事業主証明を書いてもらいましたが、特に問題なく書いてもらえました。その後も1年に1回証明書を書いてもらわなければいけませんが、普通に書いてもらえます。当たり前だと思いますが、ありがたいことです。 

以前の記事で、私の周りにイデコに入っている人があまりいないと書きましたが、本人が制度を知らない ということ以外に、こういった事も関係しているのかな。 

本人が制度を知らなくて使っていないなら、しょうがないと思いますけど、自主的に加入したいと思っても拒否されるのは、ツライですね。 

法律上は実際どうなっているか調べてみたのですが下記のようになっています。努力義務というヤツですかね。 

(個人型年金についての事業主の協力等)
第七十八条 厚生年金適用事業所の事業主は、当該厚生年金適用事業所に使用される者が個人型年金加入者である場合には、当該個人型年金加入者に対し、必要な協力をするとともに、法令及び個人型年金規約が遵守されるよう指導等に努めなければならない 

 イデコハラスメントについて、調べてみたら・会社の決算月は、事務が忙しいのでタイミングを見て提出する・事業主に理解してもらうため、説明を重ねるなど、加入するための書類を書いてもらうために工夫をしなければならないということでした・・・ 

運用商品をどれにするかで悩むなら分かりますが加入する手続きの段階で悩まなければいけないなんてムチャクチャな話ですよね。 

私はたまたま、スムーズに手続きできる環境でしたが加入したいと思った人全員が簡単に手続きできるようになってほしいし、なるべきだと思います。