よちよち投資ブログ

2017年から米国株を中心に株式投資を始めました。退場しないよう頑張ります。

ETFの減配状況(PFF)

スポンサーリンク

保有株一覧

銘柄 評価額($) 損益($) 損益率
米国株・ETF
HDV 8,890.35 -36.75 -0.4%
VTI 7,837.50 325.47 4.3%
VYM 7,564.83 -130.13 -1.7%
PFF 261.03 -11.13 -4.1%
PM 2,696.64 -1,107.52 -29.1%
RDSB 2,325.12 516.80 28.6%
VZ 1,868.10 104.52 5.9%
KO 1,749.60 -59.20 -3.3%
JNJ 1,646.58 -134.55 -7.6%
合計 34,839.75 -532.49 -1.5%

※ポートフォリオを管理しているアプリが調子が悪いため

 日本株のドル換算ができないので、米国株のみになります。 

 

PFFはちょこちょこ減配している

ファンド名はⅰシェアーズ 米国優先株式ETFですね。

優先株とは配当が優先してもらえる代わりに議決権等が

なかったりと、一定の制限がかかる株式のことです。

 

特徴としては、

・分配金利回りが高い(現在6%前後)

・〇〇ショックなどがあれば下がるでしょうが

 値動きがそれほど大きくない

・分配金が毎月ある

というところでしょうか。

 

ですので、キャピタルゲインを狙うようなものではなく

保有し続けて、分配金をもらい続けることを狙う

ETFになると思います。

 

組入上位銘柄はどのようなものでしょうか。

銘柄名 業種 保有比率(%)
BLK CSH FND TREASURY SL AGENCY キャッシュ等 3.46
HSBC HOLDINGS PLC 金融 2.62
BECTON DICKINSON AND COMPANY ヘルスケア 2.03
GMAC CAPITAL TRUST I 金融 1.91
BARCLAYS BANK PLC 金融 1.87
CITIGROUP CAPITAL XIII 金融 1.66
HSBC HOLDINGS PLC 金融 1.52
WELLS FARGO & COMPANY 金融 1.41
CROWN CASTLE INTERNATIONAL CORP 不動産 1.22
WELLS FARGO DEPOSITARY SHARES CO 金融 1.15

ほとんどが金融セクターの株式になっています。

2018年4月16日時点で297銘柄となっています。

1位が金融セクター、2位が不動産セクターですね。

 

金融・不動産の割合で見ると、金融危機が起こった時

大丈夫なのかな、と不安になってきますね。

 

値動きは安定していますが、投資業種を見ると

あまり安定する気がしないというか・・・

優先株にそういう性質があるんですかね。

 

次に分配金の履歴です。 

  年度

分配金(ドル)

  2017年 2.129794
  2016年 2.178028
  2015年 2.238881
  2014年 2.491174
  2013年 2.432229
  2012年 2.382958
  2011年 2.486691
  2010年 2.843457
  2009年 2.888139
  2008年 2.760567
  2007年 2.493185

 

上記のように、分配金については減配が

何度もあるような状況です。

むしろ減っていっている傾向になりますかね。

 

年間でまとめてあるので、表では分かりませんが

12月に分配金が2回あって(その代わり1月がない)

2回目の分配金は、履歴を見ると多めの分配に

なることが多いです。

 

ちなみに2017年の12月の2回目分配金は

過去と比べてかなり少なくなっています。

 

私は利回りと毎月分配に惹かれて(タコ足じゃないし)

PFFを購入しました。

去年のNISA口座の余った枠で買っているので

金額的にはとても少ないです。

 

投資金額が少ないので、当然分配金も少ないです。

1回につき1ドルちょっとですね。

 

個人的には、今後は買い増ししないつもりです。

分配金の状況を考えると、ちょっと躊躇してしまいますね。

NISAで購入したので、今あるぶんだけ5年保有

しようかなと思っています。

 

分配金が毎月あるとうれしいかな、と思って購入しましたが

私の場合は毎月1ドルなので、証券会社から分配金のお知らせが

来たときPFFの分だと分かると、ちょっとガッカリしてしまう

部分があったりします。

 

今の自分には、PFFは向いていないと考えています。

 

他のETFの減配状況はコチラへ