よちよち投資ブログ

2017年から米国株を中心に株式投資を始めました。退場しないよう頑張ります。

行き過ぎもまた相場

f:id:saku1228:20180117215949j:plain

保有株一覧

銘柄 評価額($) 損益($) 損益率($)
米国株・ETF
HDV 7,034.78 93.48 1.3%
VTI 7,901.34 388.74 5.2%
VYM 5,754.16 48.96 0.9%
PFF 259.77 -12.39 -4.6%
PM 3,319.04 -485.12 -12.8%
RDSB 2,037.12 228.80 12.7%
VZ 1,870.44 106.86 6.1%
KO 1,733.60 -75.20 -4.2%
JNJ 1,688.83 -92.30 -5.2%
合計 31,599.08 201.83 0.6%
日本株(ドル計算)
マークラインズ 3,593.66 1,845.24 105.5%
コラボス 3,467.98 994.31 40.2%
MKシステム 2,281.88 -240.20 -9.5%
合計 9,343.52 2,599.35 38.5%
総合計 40,942.60 2,801.18 7.3%

前回損益から△252.05ドルとなっています。

 

解説

物事には、動があればその反動がある。株式相場でも、人気が過熱気味で上に行き過ぎたときには、その後の下げもきつい。いわば、妥当と見られた水準を上向った分だけ、下げのときも予想をさらに下回ることになる。いってみれば“相場の勢い”である。 

したがって、どの指標を見ても、どう試算しても、これ以上株価が高くなるはずはないといってみたところで、現実に株価はこの予想を上回ってしまう。 

ちょうど、スピードを出して走ってきた自動車が、急ブレーキをかけてもすぐには止まれないようなものである。勢いがついているものは、結局、行きつくところまで行かなければおさまりがつかない。 

それも相場のうちであることと知っておくべきだというのが、この「行き過ぎもまた相場」という言葉である。同時に、行き過ぎがあれば、その分は反動を覚悟しなければならないことも教えている。

(日本証券業協会ホームページより)

感想

「オーバシュート」とも言うみたいですね。「妥当と見られた水準」というのが、難しいですね。PERのことを指すのか、ほかの指標で見るのか誰が妥当だと、決めるのか分からないしなー。 

私が保有している、マークラインズだとPERはかなり割高に思えるのですが・・・業績が良ければ、PERは落ち着いてくるだろうし過熱気味のような気もするし・・・ 

ただ、自分には相場を的確に見抜く力はないので行き過ぎた相場であっても、その反動を一緒に受けざるを得ないのかな、と半分諦めています。 

分かりやすいサインがあればいいですけどねぇ・・・