よちよち投資ブログ

2017年から米国株を中心に株式投資を始めました。退場しないよう頑張ります。

有事の円買い

スポンサーリンク

保有株一覧

 

銘柄 評価額($) 損益($) 損益率($)
米国株・ETF
HDV 7,086.44 145.14 2.1%
VTI 7,886.52 373.92 5.0%
VYM 5,777.28 72.08 1.3%
PFF 258.02 -14.14 -5.2%
PM 3,281.28 -522.88 -13.7%
RDSB 2,134.72 326.40 18.0%
VZ 1,930.89 167.31 9.5%
KO 1,764.00 -44.80 -2.5%
JNJ 1,685.71 -95.42 -5.4%
合計 31,804.86 407.61 1.3%
日本株(ドル計算)
マークラインズ 3,245.48 1,483.92 84.2%
コラボス 3,414.32 922.05 37.0%
MKシステム 2,251.20 -289.84 -11.4%
合計 8,911.00 2,116.13 31.1%
総合計 40,715.86 2,523.74 6.6%

前回損益から+613.28ドルとなっています。

 

なぜ、有事に円が買われるのか?

過去の事例では、

2008年 リーマンショック

2010年 欧州ソブリン危機 

2011年 東日本大震災

2016年 英国のEU離脱危機

などで、「有事の円買い」が発生しています。

 

昔は「有事のドル買い」もあったそうです。

(今もあるのかな?)

 

日本円は世界的に見て、政治情勢が安定していることや

デフレが続いていたこともあって、安全な資産と

みなされている様です。

 

そのため、何か大きな経済危機・地政学リスクがあると

安全な資産である「円」が買われ、円高が進むという

「有事の円買い」が発生しています。

 

また、有事の際にはヘッジファンドなどが金利差を利用した

円キャリートレードのポジション解消による「円の買い戻し」

も原因の一つとされています。

 

ほかにも色々要因があると思いますが、不思議に思うことが

なぜ、北朝鮮のミサイルで日本自身に危機が迫っているのに

円買い(円高)が起こるのか、ということです。

 

2017年は何度も、日本列島を越える軌道でミサイルが

発射されており、戦争危機もそうですが、実験とはいえ

失敗し日本に着弾する可能性もあるのに、

「有事の円買い」が起きたのはなぜなんだろう?

 

日本の金利が他国と比べ低金利になっている間は

どのような「有事」でも円買いになるのか。

ないとは思いますが、北朝鮮などとの「有事」の

リスクが現実的となった場合には、

「有事の円売り」になるのか・・・

 

 

日本自身に危機が起こった場合は、やっぱり「円売り」に

なると思いますが、東日本大震災の時はそうでもなかったので

う~ん・・・どっちなんだろ?