よちよち投資ブログ

2017年から米国株を中心に株式投資を始めました。退場しないよう頑張ります。

相場は相場に聞け

スポンサーリンク

f:id:saku1228:20180117215532j:plain

 

保有株一覧

銘柄 評価額($) 損益($) 損益率($)
米国株・ETF
HDV 7,116.78 175.48 2.5%
VTI 7,863.72 351.12 4.7%
VYM 5,758.24 53.04 0.9%
PFF 258.79 -13.37 -4.9%
PM 3,210.56 -593.60 -15.6%
RDSB 2,143.04 334.72 18.5%
VZ 1,982.37 218.79 12.4%
KO 1,786.80 -22.00 -1.2%
JNJ 1,713.79 -67.34 -3.8%
合計 31,834.09 436.84 1.4%
日本株(ドル計算)
マークラインズ 2,718.69 998.44 58.0%
コラボス 3,215.16 781.35 32.1%
MKシステム 2,299.16 -182.28 -7.3%
合計 8,233.01 1,597.51 24.1%
総合計 40,067.10 2,034.35 5.3%

前回損益から+299.62ドルとなっています。 

 

解説

相場はアマノジャクである。

人が考えているとおりには、なかなか動いてくれない。

理屈では割り切れない、いわゆる「理外の理」で動くものであり、

それが「相場は生きもの」といわれるゆえんでもある。

 

自分が下した判断だからといって、これにこだわり過ぎ、

あるいは意地をはっていては、大きな痛手を受けることになりかねない。

相場のゆくえは、相場だけが知っている。

ここは、素直に相場に従うべきだという教えである。

 

例えば魚釣り。

まずアタリをさぐってから、本格的に釣り始める。

株式投資にも同じ呼吸が必要である。

買いを考えているなら、手はじめに少し買ってみる。

いわゆる打診買いだ。

 

予想通りに株価が上昇すれば、さらに買い増していけばいいが、

思うように上がらなかったり下がるようなことがあったときには、

自分の判断が誤りであることを素直に反省し、

しばらく様子を見るか逆に売りに回る。

これが、「相場に相場を聞いた」結果ということができるだろう。

(日本証券業協会ホームページより)

 

感想

自分の考えに固執して、熱くなってしまう前に

その判断がまちがっていないか、客観的に

見られるようにする・・・ってことですかね。

 

「打診買い」については、苦い経験があります。

保有した銘柄については、長期保有をするつもりですが、

実は、ブログを始める前に購入して2週間ほどで

損切りして、売却してしまった銘柄があります。

 

購入した銘柄は日本株です、本屋で見た株雑誌に

掲載されていた銘柄を何となく買ってしまいました。

 

当時の株価が100株で4万円でした。

この時、「打診買い」で少しずつ買っていれば

よかったのですが、結局20万円分を一気に

買ってしまいました。

 

その後、業績は悪くなかったのですが

どんどん株価が下がっていき、不安になってしまい

もともと、何となく買ったため手放してしまいました。

 

ちなみに、その後もウォッチしていますが

購入した株価には戻ってきていません・・・

 

その時、なぜ100株ずつ買わなかったのか

少しずつ買っていれば、平均取得単価を下げることも

できたのに、と後悔しています。