よちよち投資ブログ

2017年から米国株を中心に株式投資を始めました。退場しないよう頑張ります。

前職の事務所が無くなっていた・・・。転職してなかったらヤバかった!

私は今まで転職を何度か経験しています。転職するに至った経緯は様々です。ブラックだったり、働いている会社の未来に不安を持ったりと今の仕事に就く前は、1年~3年ほどで転職を繰り返していました。

結果的に今の仕事は長く勤めることが出来ていますが、どんな会社も働いてみないと分からないことが多いですよね。自分がやりたい仕事に就きたいわけではなく、自分が続けられる仕事を見つけることも難しいと思います。いちど就職してしまうと退職するにしても結構なエネルギーを使いますからね。

あのまま続けていたらどうなっていたんだろうか

先日、以前に勤めていた会社の事務所の前を通ったら空き家になっていました。全国的に支店があるような会社でしたが、私の地元からは撤退したようです。その企業から転職してから10年ほど経っています。田舎の営業所で営業・事務含めて従業員も5人しかおらず、小さな営業所でした。

ここの会社を退職した理由は、自分の将来が見えないからでした。営業として入社したものの、ノルマのキツさやノルマを達成できなかった時の罰則など今後10年~20年とこの仕事を続けていく上で、自分が続けられる気がしなかったということが原因です。

もし、あのまま仕事を続けていたら今頃どうなっていたのかと思うと、ゾッとします。ほかの営業所は遠方のため、そこまで通うことになるのか、もしくは営業所の撤退と同時にリストラされていたのか・・・。どちらにしても、条件は悪くなっていたと思います。

30代後半になってからこんな田舎で転職しようと思うと、中々ハードルが高いです。間違いなく給与を始めとした雇用条件は悪くなるでしょうし、こんな中年のオッサンを雇ってくれる会社を探すのが大変です。当時、転職に踏み切った自分を褒めてあげたいです。
関連記事:私の職歴 まとめ

助かったけど、今の会社も未来は分からない

今回は転職していて助かりましたが、今いるところも将来どうなっていくかは分かりません。もしかしたら10年後には無くなっているかもしれませんし、業績が悪くなれば給料が下がったりするかもしれません。

正直なところ、私には特殊な資格・スキルもないのでそんなことが起こったとしても転職して給与をアップさせるという選択はとても難しいです。

そうなってくると自分でとれる対策は、本業以外の収入を持つことになってきます。副業もしくは複業ですね。私の場合は給与以外の収入のメインは株式投資による配当金があります。

給料と別の収入を育てる

副業というと選択肢は多いです。ダブルワークで労働力を使う方法、借入等を行い不動産投資をするとか、せどりなんかもありますよね。

私はその中で株式投資を選択しました。短期売買ではなく長期保有を前提とした長期投資です。
関連記事:なぜ長期投資なのか?なぜ高配当株なのか?なぜETFなのか?

株式投資で配当金を増やしていくという投資方法はとても時間がかかる方法です。先々のことが不安になるとどうしても早く結果の出る方法を選びたくなってきます。投資初期には資金も少なく、利益といっても微々たるものですし。

株式投資にしろ、ほかの副業にしろ、本業以外の収入源を持つことはとても大事です。いつの日か「転職していなかったらヤバかった」ではなく「副業(複業)していなかったらヤバかった」と思えるような規模にまで育てたいですね。