よちよち投資ブログ

2017年から米国株を中心に株式投資を始めました。退場しないよう頑張ります。

ソフトバンクIPO当選しました

IPO初当選ですが・・・

2017年半ばから株式投資をはじめ、そこから参加できるIPO案件はすべて抽選を受けてきました。外しに外し続けて1年半・・・、やっとIPOに当選することが出来ました。当選倍率は1.1倍程度だったようで、かなり当たりやすかったようです。

当選するまでは、IPOが当たったら絶対に購入するつもりだったのですが、いざ当選してしまうと悩んでしまいますね。ネットで初値予想を調べてみると、大型案件のため1,500円前後での予想が多いように感じます。わたしのような少額での購入だとちょっと儲かるか、ちょっと損するかみたいな。

しかも、ソフトバンクの場合
先日の大規模な通信障害
ファーウェイのネットワークを使用している問題
が直近で発生しています。

それでなくとも、もともと
1億6千万株の大量の売り出し
割安ではない1,500円の公募価格
という、あまり良くない条件となっています。

当選倍率が1.1倍だったことも考えると、欲しい人にはほぼ行き渡っているんじゃないか、という気がしますし・・・。行き渡っていたら誰が上場後に買ってくれるんだろう?

配当利回りが5%もあるし、業績自体も悪くないのでポジティブな点もあります。CMもバンバン流れていたから、知名度はバツグンですしね。

ただ、今回はIPOの参加をキャンセルしようと思います。わたしがIPO投資をやっているのは、IPOに当選するためではなく儲ける確率が高いからです。

IPO投資は過去の結果を見ても、公募割れの確立が非常に少なく勝率の高い投資方法です。年度によってはIPO案件の90%以上が売り出し価格を上回っている年もあります。

そんな勝率の高い投資方法を選んでおきながら、当選したからといってわざわざ公募割れの可能性もそこそこありそうな銘柄を購入するのは、リスクを冒しにいっているだけのような気がしてきました。

せっかく当選したのだから、このまま購入したい気持ちもありますが、素人なりに考えてもどっちに転ぶか全く分かりません。公募価格を超えたとしてもそこまでは利益が出なさそうなことを考えると「分からない場合は参加しない」の方針で行きたいと思います。

ここ1年でIPOを含めた株式投資を始めた方で、初当選したIPOがソフトバンクだった方も多いんじゃないでしょうか。当選したときの感動は分かります、私も初当選ですし。でもIPO投資を始めた理由は勝率が高いからですよね。そうですよね?

IPOが勝率が高い理由のひとつは、売り出し株数の少なさによる需要と供給の差によって株価が上昇するからですよね。やっぱり今回は供給が多すぎません?

つぎのIPO当選はいつになるんだろう。やっぱり1年以上先になるのかな。