よちよち投資ブログ

2017年から米国株を中心に株式投資を始めました。退場しないよう頑張ります。

通信費の見直しをしてみた

保有株一覧

銘柄($) 評価額 損益 損益率
米国株・ETF(日米ともに前営業日損益)
HDV 10,974.72 92.62 0.9%
VTI 10,283.64 813.84 8.6%
VYM 9,732.45 55.89 0.6%
PFF 264.18 -7.98 -2.9%
PM 2,697.92 -1,106.31 -29.1%
RDSB 2,326.08 517.76 28.6%
VZ 1,974.18 210.60 11.9%
KO 1,811.20 2.40 0.1%
JNJ 1,636.05 -145.08 -8.1%
合計 41,700.42 433.74 1.1%
日本株(ドル計算)
マークラインズ 3,684.60 1,994.40 118.0%
コラボス 2,681.10 289.82 12.1%
MKシステム 1,506.60 -931.50 -38.2%
合計 7,872.30 1,352.72 20.7%
総合計 49,572.72 1,786.46 3.7%

前回損益から+105.73ドルとなっています。

 

やっぱり知らない人が損をする

私は、ドコモの携帯を使っており通信費は毎月2,400円前後かかっています。1年ほど前に、ドコモショップへ料金見直しの相談をしたことがあって、その時に「これ以上、安くするのは難しい」と言われました。 

当時は、その言葉を鵜呑みにして自分は通信費を節約できている、と考えていました。先日、ガラケーを使っている、という記事を書いたのですが 

ふと、料金のことが気になってドコモのガラケーの料金のことを調べていたら、今よりも1,000円近く通信費を下げることができる方法を知りました。 

詳しく書くと長くなるので「ドコモ バリュー化」でググると仕組みが分かると思います。 簡単に言うと、要件を満たした他社の端末に機種変更すると、通常は加入できないドコモの安価な「バリュープラン」に加入できる、という方法です。 

この方法を知り、本当に出来るのかを確認するためにドコモショップへ行ってみました。うろおぼえで行ったため、確認だけで2回行くことになりました・・・ 

1回目

私「携帯のプランをバリュープランに変更したいのですが、出来ますか?」

店員「お客様の契約では、バリュープランに変更はできない状況になっていますね。」

私「ネットで調べたら出来る、という記事を見たのですが、本当に出来ないのですか?」

店員「う~ん、そのような裏技があるかも知れませんけど、分からないですね~」

私「そうですか・・・」

ということで、1回目は私がちゃんと調べてなかったこともあり、話が進みませんでした。家に帰って、調べなおしてから今度は資料も印刷し、2回目の相談に行きました。 

2回目

私「何度もすいません。調べてみたらこの機種に変更すればプラン変更出来ると思うんですけど・・・」

店員「・・・あ~、現物を見てみないと分かりませんが、その機種ならバリュープランに変更できますね。」

私の心の声(やっぱり知らない振りされてたんだな~)

私「では、次回その機種を用意してからまた来店します。」 

ということで、用件を満たした端末を用意したら、通信費を今以上に削減できそうです。 

それにしても、やっぱり世の中知らない人が損をするようになっているんですねぇ。