よちよち投資ブログ

2017年から米国株を中心に株式投資を始めました。退場しないよう頑張ります。

ETFの減配状況(VOO)

スポンサーリンク

保有株一覧

銘柄($) 評価額 損益 損益率
米国株・ETF(日米ともに前営業日損益)
HDV 11,010.56 128.46 1.2%
VTI 10,138.09 668.29 7.1%
VYM 9,683.00 6.44 0.1%
PFF 266.00 -6.16 -2.3%
PM 2,632.32 -1,171.91 -30.8%
RDSB 2,327.68 519.36 28.7%
VZ 2,007.72 244.14 13.8%
KO 1,785.60 -23.20 -1.3%
JNJ 1,634.75 -146.38 -8.2%
合計 41,485.72 219.04 0.5%
日本株(ドル計算)
マークラインズ 4,151.29 2,449.82 144.0%
コラボス 2,766.92 359.70 14.9%
MKシステム 1,523.89 -930.46 -37.9%
合計 8,442.10 1,879.06 28.6%
総合計 49,927.82 2,098.10 4.4%

前回損益から+576.38ドルとなっています。  

 

 

VOOは減配していない!?

バンガード社が販売している、S&P500指数を

連動指標としたETFです。

S&P500指数を連動指標としたETFは、他にも

ステートストリート社のSPY

ブラックロック社のIVVがありますが

その中でも、ETFの設定日が一番新しいものになります。

 

それぞれ運用会社は違いますが、同じ指数に連動しているため

値動きはほとんど変わりません。

経費率は0.04%となっており、SPYの0.09%と比べ

半分以下となっています。

 

S&P500ETFへ投資するときには、SPY・VOO・IVVの

どれにするか、という所は誰もが悩むところかもしれませんね。

ちなみに、配当利回りも各ETFで少しづつ違ったりします。

記事作成時点で配当利回りは

VOO  1.83%

SPY  1.81%

IVV  1.85%

となっています。

 

上位構成銘柄はこのようになっています。

アップル         4.09%

マイクロソフト      3.28%

アマゾン         2.82%

フェイスブック      1.98%

JPモルガン       1.58%

バークシャー・ハサウェイ 1.52%

エクソンモービル     1.48%

アルファベット(C)    1.42%

アルファベット(A)    1.42%

ジョンソン&ジョンソン  1.38%

 

上位10銘柄で20%超を占めています。

 

業種比率については

テクノロジー 21.99%

金融     16.90%

ヘルスケア  14.05%

となっており、3業種で50%を占めています。

ちなみに一番割合が少ない業種は不動産です。

 

過去の配当についてはこのようになっています。 

f:id:saku1228:20180819215645p:plain

年度 配当金
2010年 1.084
2011年 2.372
2012年 2.836
2013年 3.108
2014年 3.49
2015年 3.931
2016年 4.138
2017年 4.368

(ヤフーファイナンス調べ)

2010年については、設定日が2010年9月のため

配当回数が2回となっています。 

 

年単位で見ると一度も減配がありません。

設定日が2010年のため、リーマンショックの

落ち込みが含まれていない、ということもありますが

増配が続いていますね。

 

SPYの配当金も2010年以降は減配がなかったので

集計期間が短い、ということもありますが

VOOは順調に増配しているETFです。

 

他のETFの減配状況はコチラへ