よちよち投資ブログ

2017年から米国株を中心に株式投資を始めました。退場しないよう頑張ります。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコの下落でフィリップ・モリスの決算が心配

ブリティッシュ・アメリカン・タバコが下落

 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)が新型タバコの通期販売目標を下方修正しました。今年の次世代製品の販売予想を10億ポンドから9億ポンドへと修正しています。これにより、ブリティッシュ・アメリカン・タバコの株価は1.3%下落しています。

原因としては、日本市場での売り上げが横ばいになっている点、米国で展開している製品のリコールなどがあるそうです。中でも日本のタバコ市場の普及ペースが遅れているのは、保守的な喫煙層が新型タバコを受け入れるのに時間がかかるためであり、今後加熱式タバコが市場を占める比率は、現在の約4分の1から3分の1になってくるとの予想を表明しています。

最近テレビで、ブリティッシュ・アメリカン・タバコのCMを見かけるようになったのも日本市場のテコ入れとかなのかなぁ。ちなみにタバコのCMは広告を規制されており、喫煙者やタバコを登場させてはいけないようです。あのCMを見ても何の広告なのか分からないですよね。かろうじて社名でタバコ会社のCMと分かるくらいで。

10月18日には私も保有しているフィリップ・モリス(PM)の第三四半期決算が控えていますが、ブリティッシュ・アメリカン・タバコの状況を見るとフィリップ・モリスもあまり芳しくないのかな、と想像してしまいます。たしか今年4月にフィリップ・モリスの株価が大幅に下落した原因も日本市場の普及ペース鈍化による販売高の悪化だったような・・・。 

www.maaikkana.com

私の場合、かなり高値で購入しているため、これ以上の下落はツライです・・・。ここからまた株価が下がれば、保有していない人にとっては利回りが更に良くなり、購入するにはいいタイミングになるんでしょうねぇ。ほんとうに立場によって見え方が全然変わってきますね。

ま~、減配さえしなければ持ち続けるつもりではありますが、四半期決算どうなりますかね~。ど素人ですが、上がる気がしない・・・。